≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

【必見】米国株指数「S&P500」についてわかりやすく解説

こんにちは。FIREを目指す管理人NAO(@chameeleon_)です。

投資を始めたばかりの人

最近良く目にする”S&P500”ってなに?わかりやすく解説して欲しい

こういった人のための記事です。

 

この記事では

  • S&P500の基本
  • S&P500人気の理由
  • S&P500に投資する方法
  • 投資する際の注意点
について投資を始めたばかりの人にわかりやすく解説します。

 

この”S&P500”は投資家なら、知らない人がいないって言うほど有名な指数です。是非この機会に学んでください。

 

それでは、解説していきます。

S&P500とは

S&P500とは

S&P500とは、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス社が算出する、米国の主要500社で構成される代表的な株価指数です。

米国の代表的な指数
  • ダウ平均株価
  • NASDAQ(ナスダック)
  • S&P500
ダウ平均株価やNASDAQ(ナスダック)などはよく耳にしますよね?

それに並んでS&P500も超有名です。

S&P500は、

米国の株式市場
  • ニューヨーク証券取引所(NYSE)
  • NYSE American
  • NASDAQ

に上場している銘柄から選出される、米国の主要500社で構成されます。

その主要500社とは、米国の株式市場全体の時価総額の約80%を占める大型株500銘柄です。

S&P500にはみんなが知ってるGAFAM、

GAFAM
  • Google
  • Amazon
  • Facebook
  • Apple
  • Microsoft
などの超大企業も含まれています。

 

構成銘柄(上位10銘柄)

S&P500の構成銘柄の上位10銘柄は以下の通りです。


引用:S&P Dow Jones Indice

世界を牛耳る大企業がそろっていますね。これらすべての企業に投資をするには資金がいくら必要なのか…考えただけでもゾッとします。笑

その点、S&P500に投資すればこれらの企業にマルっと投資することができます。

 

セクター比率

セクター比率は以下の通りです。

引用:S&P Dow Jones Indice20212月時点

やはりITの比率が高めですね。これはもちろんAmazonであり、Google・alphabetでしょう。今米国で最も勢いがあると言うことですね。

セクター比率とは
簡単に言うと、似たような業種同士のまとまりのことです。株式投資にはリスクを下げるための分散投資が鉄則です。セクター比率は業種分散の割合を示しています。なので金融商品を購入する際は必ずセクター比率を確認しましょう。

 

S&P500について簡単にまとめ

S&P500について簡単にまとめ

  • 時価総額の大きい主要500社で構成(時価総額加重平均型)
  • 米国の時価総額の約80%を占める
  • GAFAMのような超有名企業がコアになっている(2021年現在)
  • 構成銘柄は定期的に見直される

S&P500に投資するということは米国全体にマルっと投資することになりますね。

 

なぜS&P500が人気なの?

人気の理由①過去の成績が右肩上がり

1871年から2020年までのS&P500の150年チャートを紹介します。

S&P500の150年チャート

引用:https://www.multpl.com/

1941〜1943年の平均指数を10として算出されているのがこのS&P500です。1871年はおよそ4ポイントだったのが、2021年2月17日現在ではおよそ3,932ポイントです。長期的にみて綺麗な右肩上がりのチャートになっていますね。過去最高値を更新し続けてきた歴史のある指数と言えます。

 

人気の理由②日経平均は上がったり下がったり

次に1970年から2020年の日経平均株価の50年チャートを紹介します。

日経平均株価の50年チャート

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/

東京証券取引所第一部に上場する約2,000銘柄の株式のうち225銘柄を対象にしているのが日経平均株価です。S&P500と算出方法が異なりますが日本の主要225社で構成されています。

1990年にバブルが崩壊してから30年が経ちますが、いまだ最高値を更新できないのが現状です。

S&P500のチャートと比べるとS&P500に投資したい気持ちがわかりますよね。

 

人気の理由③投資の神様が推奨している

皆さんお馴染みの”投資の神様”ウォーレン・バフェット氏も

「自分が亡くなった後の個人資産の90%を「S&P500」に残り10%を政府短期国債に投資せよ」
と名言しています。

ウォーレン・バフェット氏

世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。

新型コロナウイルスの感染拡大により、株式市場が大打撃を受けた際も

「長期見通しは変わっていない」
との発言もありました。

暴落があったとしても”S&P500は成長し続ける”ということですね。

nao

”投資の神様”のお墨付きがあれば安心できますよね

 

S&P500に投資する方法

S&P500に投資をしたい方のために、S&P500に投資する方法をご紹介します。

S&P500に連動しているファンド(投資信託)に投資する

S&P500に連動した投資信託を紹介します。()内は信託報酬です。

  • eMaxis Slim米国株式(0.0968%)
  • SBIバンガードS&P500(0.0938%)

2021年2月現在ではこの2本が王道です。経費率も圧倒的に安いし、円で購入できるのがポイントですね。※為替の影響を受けないわけではありません。

 

S&P500に連動しているETFに投資する

S&P500に連動している米国のETFを紹介します。()内は運用会社とその社内での運用額の順位を表しています。

  • VOO (バンガード社 2位)
  • SPY(スパイダー社 1位)
  • IVV(ブラックロック 1位)

米国の大手ETF会社(バンガード、スパイダー、ブラックロック)もS&P500に連動したETFを運用しています。

ちなみにバンガード社の1位はVTI(米国株式市場の投資可能銘柄のほぼ100%をカバーするファンド)です。

 

世界最大の大手ETF会社3社の運用額のトップ1、2位に入っているということは…

そういうことですね笑

 

S&P500に投資すれば必ず勝てる?

必ず勝てるわけではない

ここまでS&P500の魅力についてお伝えしてきましたが、S&P500に投資したからといって必ず勝てるわけではありません

指数に投資するといっても指数を反映しているのは米国の大型株500社です。

値動きのある有価証券等に投資しますので、指数はは変動します。また、 為替の影響も受けますので為替リスクもあります。

投資家の投資元本は保証されているものではなくて、指数の下落により、損失を被り、投資元本を割込むことがあります。

金融資産の利益と損失は、すべて 投資家の自己責任になりますので少しでも資産が減ることに耐えられない方は債券などリスクの小さな物への投資をお勧めします。

 

 

S&P500は暴落をいくつも経験している強みもある

S&P500が過去に受けた大暴落を紹介します。()内は暴落前の最高値から底値までの下落率を表ています。

  • 2020年 コロナショック(35%↓)
  • 2008年 リーマンショック(68%↓)
  • 2000年 ITバブル崩壊(51%↓)
  • 1987年 ブラックマンデー(36%↓)
  • 1973年 第一次オイルショック(50%↓)
  • 1929年 世界大恐慌 (89%↓)

 

S&P500はこのような大暴落を経験してきました。

直近だと、2020年3月にコロナショックがありました。その時のチャートがこちらです。

2020年コロナショック時のS&P500チャート

コロナショックにより最高値3,393Pから底値2,237Pまで一気に下落しました。下落率は最大35%です。1,000万円投資していたとすれば650万円にまで評価額が下がったことになります。

nao

私自身もコロナショックをまともにくらいました。(これが大暴落というやつか…想定してたよりも精神的ダメージがでかい…)そんな感じでした。

S&P500はこのような大暴落を経験してきた歴史があります。

 

しかし、ここからが本当にお伝えしたい内容です。

 

大暴落をいくつも経験してきたS&P500ですが、大暴落を乗り越えて常に最高値を更新し続けてきた歴史があるってところに視点を当てて見てください。

S&P500の150年チャート

S&P500に投資すれば必ず勝てるというわけではありませんが、暴落をくらっても成長し続ける素晴らしい指数です。

 

まとめ;S&P500はすごく優秀な指数

S&P500についてまとめ

  • 時価総額の大きい主要500社で構成(時価総額加重平均型)
  • 米国の時価総額の約80%を占める
  • GAFAMのような超有名企業がコアになっている(2021年現在)
  • 構成銘柄は定期的に見直される

S&P500は大暴落を乗り越えて常に最高値を更新し続けてきた歴史がある素晴らしい指数です。他をみてもこれ以上に素晴らしい指数はないと感じます。

長期的な投資を考えている方はS&P500に連動した投資信託やETFに投資してみてはいかがでしょうか。

 

ではまたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA