≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

【必見】米国ETFはSBI証券で投資すべき3つの理由

米国ETFに投資したいんだけど、証券会社はどこがおすすめですか?

こんな疑問に答えます。

 

結論から言いますと、SBI証券が優秀です。

 

証券会社によってカラーが違いますよね。

  • 外国株の取扱いがなかったり
  • NISA口座に対応してなかったり
  • 手数料やサービスが違ったり

会社によって様々です。

 

その点、SBI証券は米国ETFに投資する環境が整っています。

 

なので、今回は「米国ETFはSBI証券で投資すべき3つの理由」を簡単に記事にしました。

nao

それでは早速、解説いきましょー!

米国ETFはSBI証券で投資すべき3つの理由

理由①:米国ETF(9銘柄)の買付手数料が無料

SBI証券では以下の米国ETF9銘柄を買付手数料無料で取引できます

VT バンガード トータル ワールド ストックETF
VOO バンガード S&P 500 ETF
VTI バンガード トータルストックマーケットETF
IVV iシェアーズ S&P 500 ETF
SPY SPDR S&P 500 ETF トラスト
EPI ウィズダムツリー インド株収益ファンド
DHS ウィズダムツリー米国株高配当ファンド
DLN ウィズダムツリー米国大型株配当ファンド
DGRW ウィズダムツリー米国株クオリティ配当成長

通常、米国ETFの1注文あたりの手数料は、約定代金の税込0.495%(上限手数料:税込22ドル)がかかります。

しかし、SBI証券の場合、この9銘柄に限り無料で取引ができます。

 

この中のVOO(バンガード S&P 500 ETF)なんかは

  • 超有名投資企業バンガード社が運用
  • S&P500をベンチマーク
  • 総資産額 6,905億ドル
  • 経費率0.03%超低コスト

こんな特徴を持つ素晴らしいETFです。

nao

ただでさえこんな素晴らしいETFが買付手数料で買えるなんて素晴らしい限りですね。

 

理由②:NISA・ジュニアNISA口座でも買付手数料が無料

SBI証券のNISA口座・ジュニアNISA口座では、米国ETFが買付手数料無料で買うことができます

  • 通常、米国ETFの購入の際には税込0.495%の手数料がかかりますが
  • NISA口座・ジュニアNISA口座では無料で購入できます。

競合他社においてはキャッシュバック制度などがありますが、はじめから無料なのはSBI証券だけです。

特にジュニアNISAで米国ETFに投資ができるのは強みですね。

nao

米国ETFが買付手数料無料で非課税で運用できるなんて最高!

 

理由③:米国ETFの定期買付設定ができる

SBI証券には「米国株式・ETF定期買付サービス」があります。

  • 毎月積立購入したい
  • NY取引時間(夜)に起きていられない
  • NISAやジュニアNISAをしっかり活用したい

こんなときに便利なサービスですね。

インデックス投資は定期積立が基本になります。

  • 毎月定額
  • 毎月定数

コツコツ積み上げていくことでドル・コストの効果で市場平均より下を狙えます。

 

nao

なので、米国ETFの「VOO・VTI・VT」などのインデックスファンドに積立投資したい時には、すばらしいサービスです。

 

 

まとめ;米国ETFはSBI証券で買おう!

「米国ETFはSBI証券で投資すべき3つの理由」について解説しました。

その理由はこちら

  1. 米国ETF(9銘柄)の買付手数料が無料
  2. NISA・ジュニアNISA口座でも買付手数料が無料
  3. 米国ETFの定期買付設定ができる

このように、米国ETFに投資しやすい環境が揃っています。

nao

米国ETFに投資を考えてる方は、ぜひSBI証券をおすすめします。

 

それではまたっ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA