≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

【米国高配当ETF】配当金目的でSPYDに投資している5つの理由

悩んでいる人

配当金投資を始めたいと思っています。ですが、何に投資したらいいのか全然わかりません。配当利回りの高い銘柄に投資するのは分かっていますが、罠銘柄が混在していて見分けがつきません。どの銘柄に投資するのがいいのか知りたいです。

こんな悩みにお答えします。

 

この記事の内容まとめ

  • SPYDの概要と特徴
  • SPYDに投資している5つの理由

 

今回は、配当金投資を考えている方に、

  • 何に投資すればいいのか?
  • 何に着目して選べばいいのか?
  • SPYD(米国高配当ETF)について

わかりやすく紹介します。

 

この記事を読めば、何に気をつけて投資を実践すればいいのかも、SPYDを通じて理解できるようになっています。

管理人nao

それでは解説いきます。

 

SPYDとは

SPYDの概要

SPYDはS&P500®高配当指数に連動しているETF。正式にはSPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETFといいます。

銘柄
(ティッカー)
SPYD
運用会社 State Street
ベンチマーク S&P500高配当
配当上位80銘柄均等
構成銘柄数 約80銘柄
コアセクター 不動産
金融
ETF純資産 $4,642.70(百万米)
リバランス 1月、7月
配当時期 四半期
3月/6月/9月/12月
配当金利回り
(年率%)
4.73%
経費率
(年率%)
0.07%
設定日 2015/10/22
取扱証券会社 楽天証券 SBI証券

※表は2021年6月時点のデータです。

 

SPYDの特徴

  • S&P500の中で配当利回りが高い上位80銘柄に均等分散
  • 米国の高配当ETFの中でも配当利回りが特に高い
  • 米国の3大投資企業の内の1つステート・ストリートが運用

 

SPYDに投資している5つの理由

カメレオンブログがSPYDに投資する理由はこの5つです。

  1. 配当利回りが高い
  2. 右肩上がりの分配金推移が期待できる
  3. 経費率が安い
  4. 分散されている
  5. HDVと相性がいい

順番に解説します。

 

①配当利回りが高い

現在(2021年6月時点)では4.7%と比較的に高い水準です。

概ね、3.5~5%といったところですね。

2020年のコロナショックにより、株価が大暴落し配当利回りが8%を超えることがありました。

 

配当金投資において配当金利回りは重要なポイントです。

効率よく配当金を受け取るためには、配当利回りの高い銘柄・高いタイミングで投資する必要があるからです。

 

トータル1,000万円で配当金投資をした場合で考えると

  • 配当利回り2%なら、年間20万円
  • 配当利回り5%なら、年間50万円

このように、受け取れる配当金額が大きく変わってきます。

 

その点、SPYDは3.5〜5%の配当利回りが期待できるのですごく優秀です。

およそ80銘柄に分散投資をしていながら、3.5〜5%の配当利回りはすごいですよね。

 

100万円投資すれば、3〜5万円の配当金が期待できます。

管理人nao

SPYDは配当利回りが高いのがいいところ!

 

 

②右肩上がりの分配金推移が期待できる

SPYDは右肩上がりの配当金推移が期待できます。

 

下記はSPYDの1株あたりの配当金の推移です。

企業の業績や経済市場により減配もありますが、おおむね右肩上がりの推移です。

今年(2021年)は、残り2回(9月12月)に配当金が出ます。この調子で行くと、今年は2ドルを超えるかも知れませんね。

 

基本的に米国企業は株主還元の意識が高いです。

  • 連続増配
  • 自社株買い

このような株主還元策は株主ファーストである米国ならではと言えます。

 

日本では近年、米国企業を参考にして株主還元策を実施していますが、米国に比べるとまだまだです。

その証拠に、米国の総還元性向は日本の企業の倍以上になってるというデータもあります。

 

まだ、SPYDができて長期的なデータはありませんので、不明な点が多いです。

しかし、SPYDは伝統的な指数S&P500の中にいますので、この先増配していく可能性が大いにありますね。

 

管理人nao

SPYDはまだまだ増配に期待できます

 

③経費率が安い

SPYDは経費率0.07%と激安です。

 

ファンド選びの鉄則は、手数料を徹底的に抑えることです。

手数料にお金を注ぎ込んでも儲からないからですね。

 

配当金投資の投資利回りは3%あれば優秀とされています。

しかし、日本のファンドには運用コストが2%を超えるものがいくつも存在するんですよね。

  • 年間3%のリターンがあって
  • 年間2%のコストがかかれば
  • リターンは1%に減ってしまいます。

こんなことをしていては、蓄財レースを効率よく進めていくことは困難ですね。

 

それに引き換え、SPYDはめちゃくちゃ優秀です。

  • 配当利回りが3.5〜5%維持しながら
  • コストはわずか0.07%
  • 100万円運用しても年間700円という驚きの安さ

こんな、優秀なファンドに投資しない手はないですね。

管理人nao

SPYDって良心的〜どんだけ〜

 

④分散されている

SPYDはS&P500の中で配当利回りが高い上位80銘柄に均等分散されたファンドです。

 

セクター割合はこんな感じです。

引用:SPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETF

 

金融・不動産の割合が多いのが特徴ですね。

 

SPYDはS&P500の配当利回りが高い上位80銘柄に均等分散しているわりに、よく分散がきいています。

管理人nao

これ1本じゃキツイので米国高配当ETF 【HDV】とセットで持っておくとさらに分散できますよ。

 

⑤HDVと相性がいい

SPYDとHDVはセクターが程よく分散しているので相性が良いと言えます。

 

SPYDの三大セクターはこちらです。

SPYD

  • 金融‥23%
  • 不動産‥20%
  • エネルギー‥14%

 

一方、HDVの三大セクターはこちら。

HDV

  • 生活必需品‥20%
  • エネルギー‥20%
  • ヘルスケア‥16%

 

セクターの一覧も載せておきますので参考にどうぞ。(2021年6月27日時点)

 

株式投資において分散投資は大変重要です。

SPYDは80銘柄に分散されているといっても、単一銘柄への集中投資は危険だと認識しておきましょう。

HDVとセットで持っておくと、さらにセクターを分散できてリスク緩和になりますよ。

管理人nao

分散分散。

 

まとめ:SPYDは配当金投資において強い味方である

以上、SPYDに投資する5つの理由を紹介しました。

  1. 配当利回りが高い
  2. 右肩上がりの分配金推移が期待できる
  3. 経費率が安い
  4. 分散されている
  5. HDVと相性がいい

 

SPYDは配当金投資において最強の味方です。

配当利回りが3.5~5%というのは驚異的ですね。

個人的には、「ワンピース」で言うとゾロくらいの立ち位置かなと思っています。キングダムで言うと羌瘣(きょうかい)ですね。(めちゃめちゃ強い)⇦余談です。

 

SPYDの組み入れ銘柄はS&P500の中からというのも大きな安心に繋がりますね。

これからも継続して、SPYDに継続投資して、配当金を受け取りつつ人生を豊かにしていきたいですね。

 

今回は以上です。

管理人nao

それではまたっ

 

 

 

\メインに使いたい証券会社!/

引用:SBI証券

無料でSBI証券の口座開設

 

おすすめの理由

  • ネット証券 口座開設数NO.1
  • 投資先が豊富で業界トップクラス
  • 国内株、米国株、投資信託、海外ETF、FXなどSBI証券だけで多彩な投資ににチャレンジできる
  • 手数料は業界最安値クラス

実際に利用している感想

  • とにかく総合的にサービスが充実している
  • 米国株・ETFの定期買付サービス」で米国株に積立投資ができるのが嬉しい!
  • NISA口座にも対応していて、他の投資と並行して非課税運用ができる。
  • NISA口座・ジュニアNISA口座でも米国株に投資ができるのもおすすめポイントです。
  • さすがはみんなが選ぶだけのことはありますね!
  • こだわって投資したい方にはSBI証券がおすすめです

 

 

\米国株を1,000円から買える!/

米国株に少額(1,000円〜)から投資したいなら PayPay証券 (旧One Tap Buy)がおすすめです。

 

おすすめする理由

  • 米国株に1,000円から投資できる
  • 1株30万のアマゾンもペイペイ証券なら1,000円から投資できるます!
  • 少額で買いたい時は PayPay証券 を使うといいですよ。

 

 PayPay証券の公式サイトはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA