≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

【米国高配当ETF】SPYDからの配当金 2021年6月24日 

こんにちは。管理人のnao(@chameeleon_)です。

 

カメレオンブログが投資している米国高配当ETFの【SPYD】から配当金が入りました。

 

この記事の内容まとめ

  • SPYDの配当金実績の一覧
  • SPYDの配当金の推移
  • 米国株投資におすすめの証券口座

 

配当金は人生を豊かにしてくれます。この先もずっと高配当株への投資を続けていきたいですね。

 

管理人nao

それでは紹介します。

 

SPYDの配当金実績の一覧

カメレオンブログでは米国高配当ETFの【SPYD】に投資しています。

SPYDの配当金実績をまとめました。

日付 配当金額(ドル)
2020年6月 7.92ドル
2020年9月 24.68ドル
2020年12月 78.52ドル
2021年3月 82.39ドル
2021年6月 52.52ドル
合計 246.03ドル

※配当金額は税引き後の金額です。

 

今月の配当金はなんと52.52ドルでした。

ランチに1度行ける程度ですね(HDV同様にかわいい笑)

 

SPYDからの累計配当金受取り額はおよそ1年間で246.03ドルになりました。

円換算で27,000円です。(1ドル:110.86円)

まだまだ満足な額ではないですが、給与所得以外の所得はやっぱり嬉しいですね。

 

今は配当金で何かを購入ってわけではなく、再投資に使ってます。

 

管理人nao

配当金をもっと増やしたい!⇦こんな感じ

 

ちなみにSPYDの配当月は、3月6月9月12月となっています。

 

SPYDの配当金の推移

SPYDの過去の配当金

SPYDの配当金推移をまとめました。

 

2021年第2四半期の配当金

2021年6月(第2四半期)の配当金は以下の通りです。

  • 1株あたりの配当金:0.398912ドル
  • 株価:40.08ドル(2021年6月25日時点)
  • 配当利回り:4.75 %(税引き後3.42%)

 

少し割高といった感じ。

 

2021年はQ1(第1四半期)に続いて、増配しました。前年同期比では約9%の増配。

増配っていいですね〜。

 

分かりやすく第2四半期だけの推移を表にしてみました。

連続増配ETFというよりも、増配減配を繰り返し長期的に見れば右肩上がりの特徴です。

 

年間配当金の推移も載せておきますので参考にどうぞ。

コロナショックで2020年は年間の分配金が減少しましたが、今年はこの調子でいくと2ドルに届くかなといった感じ。ちなみに今年はあと2回(9月12月)に配当金が出ます。

 

皆さんの中には「増配」という言葉に馴染みがない人が多いと思います。

増配とは、配当金が増えること

例えば、

  • 購入時点で配当利回りが4%であったものが、
  • 保有しているだけで5年後には配当利回りが5%になったりします。

さらにSPYDは、高いトータルリターンまで期待できるのがいいところです。

 

しかし、個人的には、今は積極的に買い進める相場ではないと考えています。

その理由は、現在株高相場にあるためです。

  • S&P500は過去最高値を更新中

株高にあるとどうしても高配当株が割高になってしまいます。

なので、「今は買う気がしないなー」というところですね。

 

そして今後の方針です。

今後の方針

  • 税引き後の配当利回りが3%を上回るタイミングで爆買いを狙って、
  • 機会損失を避けるために年間に一定数を積み立てていきたい。

こんな感じに考えています。

 

高配当株は超長期的に保有することによって、配当金を産み続ける「お金のなる木」です。

 

月1万円の配当金でも家計に与えるインパクトは超絶大。

お小遣いに当てれば月3万円⇨月4万円になります。

お小遣いが1万円増えるのも中々のインパクトですよ。

 

いずれにせよ、配当金は人生を豊かにしてくれます。これからもコツコツ増やしていきたいですね。

 

 

今回は以上です。

 

 

SPYDの概要について興味がある方はこちらをご覧ください。↓↓↓

SPYDの概要

SPYDはS&P500®高配当指数に連動しています。S&P500の中で配当利回りが高い上位80銘柄に均等分散するETFです。正式にはSPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETFといいます。

銘柄
(ティッカー)
SPYD
運用会社 State Street
ベンチマーク S&P500高配当
配当上位80銘柄均等
構成銘柄数 約80銘柄
コアセクター 不動産
金融
ETF純資産 $3,057.10(百万米)
リバランス 1月、7月
配当時期 四半期
3月/6月/9月/12月
配当金利回り
(年率%)
4.84 %
経費率
(年率%)
0.07%
設定日 2015/10/22
取扱証券会社 楽天証券 SBI証券

米国の3大投資企業の内の1つステート・ストリートが運用していて、ETFの中でも配当利回りが高いのが特徴です。HDVとのセクター割合の相性がいい感じです。

 

 

米国株に投資するならSBI証券がおすすめ!

 

\メインに使いたい証券会社!/

引用:SBI証券

無料でSBI証券の口座開設

 

おすすめの理由

  • ネット証券 口座開設数NO.1
  • 投資先が豊富で業界トップクラス
  • 国内株、米国株、投資信託、海外ETF、FXなどSBI証券だけで多彩な投資ににチャレンジできる
  • 手数料は業界最安値クラス

実際に利用している感想

  • とにかく総合的にサービスが充実している
  • 米国株・ETFの定期買付サービス」で米国株に積立投資ができるのが嬉しい!
  • NISA口座にも対応していて、他の投資と並行して非課税運用ができる。
  • NISA口座・ジュニアNISA口座でも米国株に投資ができるのもおすすめポイントです。
  • さすがはみんなが選ぶだけのことはありますね!
  • こだわって投資したい方にはSBI証券がおすすめです

 

 

 

米国株に少額の1,000円〜から投資する方法

 

\米国株を1,000円から買える!/

米国株に少額(1,000円〜)から投資したいなら PayPay証券 (旧One Tap Buy)がおすすめです。

 

おすすめする理由

  • 米国株に1,000円から投資できる
  • 1株30万のアマゾンもペイペイ証券なら1,000円から投資できるます!
  • 少額で買いたい時は PayPay証券 を使うといいですよ。

 

 PayPay証券の公式サイトはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA