≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

【米国高配当ETF】VYM・SPYD・ HDVの配当金実績の推移

個人投資家

VYM・SPYD・HDVの過去の配当金実績を知りたい

こういった人のための記事です。

 

配当金投資は効率良く配当金を受取ることを目的としています。ゆえに、求めるべきは株価ではなく配当金の水準です。

配当利回りは配当金単価/取得株価で決まります。

なので、できるだけ少ない資金で多くの配当金が欲しい(配当利回りは高くしたい)というのが本質になってきます。

 

  • 増配すれば配当利回りが上がるし
  • 減配すれば配当利回りが下がります。

 

そこで気になるところが配当金単価の推移です。増配傾向にあれば配当利回りが高くなっていきますからね。

 

今回はVYM・SPYD・HDVの配当金実績の推移についてまとめてみました。

 

この記事の内容まとめ

  • VYMの配当金実績
  • SPYDの配当金実績
  • HDVの配当金実績

配当金単価の経過が分かりやすいように、四半期別にグラフにしました。簡単にETFの特徴も記載しましたので参考にしてください。

nao

それでは解説いきます。

VYMの配当金実績の推移

VYMとは

VYMは米国の約400銘柄で構成される高配当株ETFです。このETFはFTSE ハイディビデンド・イールド・インデックスをベンチマークとしています。正式にはバンガード 米国高配当株式ETFといいます。

銘柄
(ティッカー)
VYM
運用会社 Vanguard
ベンチマーク FTSE
ハイデ ィビデンド・
イールド指数
構成銘柄数 411銘柄
コアセクター ヘルスケア
金融
消費財
ETF純資産 約417億ドル
リバランス 年1回
配当時期 四半期
3月/6月/9月/12月
配当金利回り
(年率%)
3.17% 
経費率
(年率%)
0.06%
設定日 2006/11/16
取扱証券会社 楽天証券 SBI証券

超有名投資会社バンガードが運営していて、配当利回りの高さ、400銘柄へのリスク分散、経費率の安さが特徴的です。

 

VYMの株価チャートはこんな感じです。

引用:finviz

綺麗な右肩上がりの経過で、10年間で株価は2倍に成長しています。高配当株投資家にとって3%以上の高配当を受け取りながら、含み益も狙えるETFはまさに理想的です。

 

さらに配当金の推移がこちらです。

毎年増配していることが分かります。

 

四半期別の配当金の推移

2013-2021までの配当金推移です。先程の一覧表をグラフ化しています。


2020年のコロナショックにより、第1四半期と第3四半期で減配がありましたが、第2四半期と第4四半期では増配しています。

 

年間配当金の推移

2013-2021までの年間配当金推移です。

2020年の第1四半期と第3四半期で減配があったものの、結果的には増配しています。VYMは暴落しても持ち続けられる高配当ETFということですね。

 

VYMのまとめ

VYMは合理的に高配当株投資の相性がいい。

その特徴は

  • 超有名投資会社バンガード社が運営している
  • 配当利回りが高い
  • 約400銘柄にリスク分散された
  • 経費率の安いETFです。

ただ、高配当株の中でも配当利回りが少し低めなので、割安になったタイミングで買いたいですね。

 

SPYDの配当金実績の推移

SPYDとは

SPYDはS&P500®高配当指数に連動しています。S&P500の中で配当利回りが高い上位80銘柄に均等分散するETFです。正式にはSPDR®ポートフォリオS&P500®高配当株式ETFといいます。

銘柄
(ティッカー)
SPYD
運用会社 State Street
ベンチマーク S&P500高配当
配当上位80銘柄均等
構成銘柄数 約80銘柄
コアセクター 不動産
金融
ETF純資産 $3,057.10(百万米)
リバランス 1月、7月
配当時期 四半期
3月/6月/9月/12月
配当金利回り
(年率%)
4.84 %
経費率
(年率%)
0.07%
設定日 2015/10/22
取扱証券会社 楽天証券 SBI証券

米国の3大投資企業の内の1つステート・ストリートが運用していて、ETFの中でも配当利回りが高いのが特徴です。HDVとのセクター割合の相性がいい感じです。

 

SPYDの株価チャートはこんな感じです。

引用:finviz

SPYDはまだ、歴史の浅いETFですが株価は徐々に上昇傾向です。2020年のコロナショックでは40%以上の暴落がありましたが、およそ1年で暴落前の相場に回復しました。VYM・HDVと比較して株価の回復がやや緩やかでしたが、配当利回り4%以上が期待できるETFです。

 

配当金の推移がこちらです。

コロナショックにより減配…。暴落相場に弱いETFとうわさされましたが、私は強気に買い増しています。まだ経験の浅いETFです。さらなる成長が楽しみですね。

 

四半期別の配当金に推移

2015-2021までの配当金推移です。先程の一覧表をグラフ化しています。



第2四半期と第3四半期での大幅減配がありましたが、2021年の第1四半期には大幅増配しています。

 

年間配当金の推移

2015-2021までの年間配当金推移です。

横ばいからやや増配傾向ですね。2021年の合計額が楽しみです。

 

SPYDのまとめ

SPYDはVYMと比較して暴落相場や減配など不安要素もありますが、配当利回りがかなり高い水準なのでポートフォリオには入れておきたいETFですね。

特徴は

  • 超有名投資会社ステート・ストリーム社が運営している
  • 配当利回りがかなり高い水準
  • 約80銘柄に均等分散された
  • 経費率の安いETFです。

私は強気で買い増しを続けます。

 

HDVの配当金実績の推移

HDVとは

HDVはモーニングスター配当フォーカス指数に連動するETFです。正式にはiシェアーズ・コア米国高配当株ETFといいます。

銘柄
(ティッカー)
HDV
運用会社 Black Rock
ベンチマーク 高配当米国株
モーニングスター
配当フォーカス指数
構成銘柄数 75銘柄
コアセクター エネルギー
ヘルスケア
生活ひつじゅh
ETF純資産 約58億USドル
リバランス 四半期
配当時期 四半期
3月/6月/9月/12月
配当金利回り
(年率%)
4.21%
経費率
(年率%)
0.08%
設定日 2011/03/31
取扱証券会社 楽天証券 SBI証券

米国の3大投資企業の内の1つブラック・ロックが運用していて、ETFの中でも配当利回りが高いのが特徴です。SPYDとのセクター割合の相性がいい感じです。

 

HDVの株価チャートはこんな感じです。

引用:finviz

綺麗な右肩上がりの経過で、10年間で株価は2倍近く成長しています。3%以上の高配当を受け取りながら、含み益も狙えるETFはまさに理想的です。コロナショックではおよそ32%の暴落でしたが、SPYDほど暴落しませんでした。

 

配当金の推移がこちらです。

2016年以外は増配傾向です。

 

四半期別の配当金に推移


コロナショックもどこ吹く風、ほとんど配当金い影響はありませんでした。

年間配当金の推移

2013-2021までの年間配当金推移です。

年間配当金は毎年増配しています。高配当を目的とする投資家にとって、まさに理想のかたちですね。SPYDもこれくらい伸びて来て欲しい><(天の声)

 

HDVのまとめ

HDVは高配当ETFの理想形。暴落相場にも比較的強く、増配を繰り返す高配当利回りのETFです。

特徴は

  • 超有名投資会社ブラック・ロック社が運営している
  • 配当利回りが高い水準
  • 75銘柄に分散された
  • 経費率の安いETFです。

SPYDとセクターの相性がいいので、私はセットで買っています。

 

まとめ:VYM・SPYD・HDVは増配傾向にある素晴らしいETF

米国高配当株ETFの中でも人気のETF「VYM・SPYD・HDV」の配当金実績の推移について解説しました。

配当金投資は株価よりも配当金の水準の方に重点を置いています。

株価は上昇しなくても(継続して株価が下落するのはアウト)配当金さえ受け取り続けられたらそれでOKです。しかも、継続して増配してくれたら配当利回りは改善し続けます。

 

今回紹介した「VYM・SPYD・HDV」は解説した通り増配を繰り返しながら、株価も成長するという配当金投資にピッタリのETFだと言えます。この3つのETFにバランス良く投資をすれば税引き後の配当利回り3%を簡単に超えてくるでしょう。

 

VYM・SPYD・HDVは配当金投資にかなりおすすめのETFです。

 

この記事が配当金投資を始めるきっかけになれば嬉しいです。

nao

それではまたっ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA