≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

【配当金月1万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った高配当株投資のメリット・デメリット

カメレオンブログ

こんにちはっ

”お金のなる木”を育てよう!カメレオンブログを運営しているnao(@chameeleon_)です。

 

今回は、今話題の「SBIネオモバイル証券」について記事にしたいと思います。

少し癖のあるネット証券ですが、利用価値の高い証券会社です。

  • 株式投資って難しそう…
  • 投資って数十万円必要なんでしょ…

と、 株式投資を始めることに躊躇していた投資初心者にオススメしたいネット証券です。

 

この記事では、

  • 「月1万円の配当金をもらいたい」という視点から
  • 高配当株の魅力
  • SBIネオモバイル証券のメリット・デメリット

この内容について解説します。

 

結論ですが、SBIネオモバイル証券は利用すべきネット証券です。

 

5分程度で読み終える内容となっていますので、ぜひ最後までご覧ください。

それでは解説します。

高配当株の魅力

配当金は完全な不労所得

配当金はおよそ完全なる不労所得です。

一度、株式を取得してしまえば企業が勝手に稼いでくれるからですね。

 

企業が配当金を出す流れはこんな感じです。

  1. 企業は投資家からお金を集める。
  2. そのお金を運用して営業利益を上げる。
  3. 企業が得た利益の一部を、株主へ還元する。

しかも、配当金がいつ、いくらくらいもらえるのかは簡単に計算することができます。

 

こちらは私が投資している企業の一部と配当利回りです。

コード 企業 配当利回り
8316 三井住友フィナンシャルグループ 4.79%
4502 武田薬品工業 4.71%
8766 東京海上ホールディングス 4.50%

予想配当利回りは202147日時点

例えば、三井住友フィナンシャルグループに100万円投資したとします。

そうすると

  • 年間約4万円の配当金がもらえる
  • 10年でおよそ40万円の配当金が受取れる

もちろん、値動きによるリスクや企業の業績などを考えないといけません。

 

このように、高配当株投資は配当金を定期的に受け取ることを目的とした投資法です。

自分はなにもしなくても、お金が働いてくれる。

配当金はおよそ完全な不労所得です。

 

「配当金」なんと甘美な響きなんでしょう笑

 

キャッシュフローが改善する

高配当株投資はキャッシュフローが改善します。

毎月、配当金を受け取ることで

  • スマホ通信料を配当金で払える
  • 光熱費を配当金で払える

こんなふうに月々の生活コストを配当金で支払えるようになります。

毎月の支払いに追われる生活とはおさらばして、自分の好きなことにお金を使えるようになれば、豊かな生活を手に入れることができるのです。

【配当金ライフ】月3万円の配当金が生活に与えるインパクトについて解説

元本・配当金が共に成長していく可能性がある

高配当株投資は配当金の水準に焦点を当てています。

ここで狙う銘柄は、

  • 連続増配株
  • 増配は稀だが減配はしない
  • 財務優良の企業です。

割安のタイミングで株を購入し、長期保持することによって、安定して配当金を受取れる。

これが本質です。

  • 株価は企業の成長と共に上がる見込みがあるし、
  • 増配により配当金が増えていく可能性もあります。

 

以上、簡単にまとめるとこんな感じです。

高配当株投資の魅力
  • 配当金という不労所得を受取れる
  • 家庭のキャッシュフローが改善する
  • 元本と配当金の両方が成長する可能性がある。

投資を始めるにあたり

  • あまりリスクを取りたくない
  • 配当金を受取りながら豊かな生活を送りたい
  • 早期退職、アーリーリタイアしたい

こんな方にはおすすめの投資法です。

インデックス投資ではなく、高配当株投資に重点を置いている理由

 

SBIネオモバイル証券のメリット

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)は、2019年4月からサービスを開始した、SBI証券とCCCマーケティングによる「株式投資」ができる証券会社です。

  • 20代~30代の
  • 若年層・投資未経験者向けの
  • スマホに特化した

今話題のネット証券です。

2021年1月末時点、わずか1年半で50万口座を突破しました。圧倒的に若者に人気の証券会社といえます。

 

SBIネオモバイル証券の特長
  • Tポイントを使って株が買える
  • 国内株式に投資ができる
  • 1株単位で株が買える(楽天証券では100株単位)
  • 月額200円で取引し放題(月50万円までの取引)
  • WealthNavi(ウェルスナビ)で全自動運用ができる

月額200円で1株単位の売買ができることは、国内株式で高配当株ポートフォリオを自作しやすい環境であることに違いありません。

 

1株単位(S株(単元未満株))で株が買える

SBIネオモバイル証券では、1株から株を買えます。

基本的に国内株式の売買単位は100株(1単元)です。

例えば

  • 株価1万円の企業に投資をする場合
  • 1万円×100株=100万円必要

このように莫大な資金が必要となるのです。

 

ユニクロの親会社「ファーストリテイリング」なんかは株価9万円です。20214月時点)

nao

100株で900万円…手が届かない…

投資したくても現実的に厳しいですよね。

 

しかし、SBIネオモバイル証券なら1株単位(S株(単元未満株))での売買が可能となります。

  • 買いたいけど買えなかった
  • ファーストリテイリングも
  • ソフトバンクも
  • 任天堂も

このSBIネオモバイル証券なら手に入れることができます。

1株からの小規模分散投資ができることは高配当株投資家としてはかなりのメリットですね。

 

月額サービス利用料220円(税込)で取引し放題

SBIネオモバイル証券は月220円(税込)で取引し放題です。そして、Tポイントが毎月200ptもらえるので実質消費税分20円しかかかりません。

 

SBI証券でも1株単位の売買ができますが、手数料負けします。

例えば、3,000円を20銘柄に分散投資した場合の手数料を比較すると

証券会社 手数料
SBIネオモバイル証券 20円
SBI証券 1,100円

圧倒的な低コストです。

 

SBIネオモバイル証券メリットまとめ
  • 1株単位で株が買える
  • 低コスト:実質20円で50万円まで取引し放題
  • 貯まっているTポイントで投資ができる

 

nao

SBIネオモバイル証券は高配当株投資の少額分散投資にぴったりのネット証券ですね。

 

SBIネオモバイル証券のデメリット

国内株式にしか投資できない

SBIネオモバイル証券の取扱銘柄は

  • 国内上場株式
  • 国内ETF(国内上場投資信託)
  • REIT(不動産投資信託)
  • インフラファンド

これらに限られます。

一般に取扱銘柄が少ないのは、総合力が低いという意味でかなりのマイナスポイントです。

 

しかし、高配当投資を実践している個人投資家にとって

  • メインは楽天証券かSBI証券で米国株を買いつつ
  • SBIネオモバイル証券で日本株のポートフォリオを育てる

こんな使い方ができるのは、むしろメリットと言えます。

 

NISAやiDeCoには対応していない

SBIネオモバイル証券は、NISA、つみたてNISA、iDeCoといった国の優遇税制に対応しておりません。

 

しかし、これも前述したようにメインの楽天証券かSBI証券でやればいいと考えています。

SBIネオモバイル証券では国内の高配当ポートフォリオを作るためだけに集中できるので、特にデメリットととらえる必要もないかなと思います。

 

まとめ;1,000万円以下の日本株高配当ポートフォリオを作るにはSBIネオモバイル証券がおすすめ

以上、【配当金月1万円の第一歩】SBIネオモバイル証券を使った配当金投資のメリット・デメリットについて解説しました。

 

高配当株投資は、

  • 配当金という不労所得を受取れる
  • 家庭のキャッシュフローが改善する
  • 元本と配当金の両方が成長する可能性がある。

このような魅力があります。

 

メインは楽天証券とSBI証券で運用しつつ、これらでは到底できない日本株の少額分散投資をSBIネオモバイル証券で対応するのがおすすめです。

 

SBIネオモバイル証券は、国内株式しか買えない少し癖のあるネット証券ですが、日本株の高配当株ポートフォリオを自作するには圧倒的に使いやすいネット証券です。

 

私も、SBIネオモバイル証券で日本株の少額分散投資を実施しています。スマホで簡単に売買できるのでかなり重宝しています。

 

登録時の申請も他のネット証券よりも超簡単に手続きできました。

 

ぜひ、SBIネオモバイル証券で月1万円の配当金をもらうためにチャレンジしてみてください。

 

nao

それではまたっ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA