≫『お金持ちになりたい人』のための資産形成のブログ

Amazon電子書籍リーダーKindleの便利機能とおすすめポイントについて解説

 

Aさん

Kindleって実際どうなの?いいのかな?

 

Bさん

Kindleってどんな機能があるの?

こういった疑問に答えます。

この記事のまとめ

  • Kindleの特長
  • Kindleのおすすめポイント
  • Kindleの4つのモデル
  • Kindle Unlimitedについて

この4つの項目について簡単に解説しました。

この記事を読めば…
  • Kindleの隠れた魅力を知れる
  • Kindleを購入する際の参考になる

カメレオン

Kindleの購入を考えてる方はぜひ参考にしてください。

それでは解説します。

Kindleとは

Kindleとは、Amazonが提供する電子書籍関連サービスのことです。そしてKindleはAmazonが販売している電子書籍専用リーダー『Kindle』の名称でもあります。

Kindleの特長

Kindleの15個の特長をご紹介します。

  • 軽くて持ち運びやすい
  • 24時間いつでも電子書籍が購入できる
  • 普通の書籍より電子書籍の方が安い
  • 700万冊以上の本、マンガ、雑誌、洋書が購入可能
  • wifi環境がなくても4Gでダウンロードできる
  • 一度の充電で数週間利用可能
  • フォントサイズが変更できる
  • 明るさが調節できる
  • フロントライト方式だから、目に優しく疲れにくい
  • 目次からジャンプできる
  • 片手で操作ができる
  • 辞書機能がついている
  • 線が引ける(ハイライト機能)
  • メモができる(メモ機能)
  • スマホ、タブレット、PCでも読める

簡単に上げただけでもこれだけの特長があります。

 

簡単にまとめると

いつでもどこでも電子書籍が買えて、快適に読書をするための機能をたくさん盛り込んだスーパーデバイスってことですね。

 

Kindleのおすすめポイント

読書家

長時間読んでても目が疲れにくいのが良いですね

目が疲れにくい理由は2つです

  • 直接目を照らさないフロントライト方式と
  • 本物の紙のような読み心地のe-inkスクリーン
  • この2つを搭載しているから

スマホやタブレットのようにバックライトが直接目を照らすのに対し

フロントライト方式はスクリーン下部のLEDライトが画面を照らすので

目への刺激が全然違います。

e-inkスクリーンとは本物のインクを使用した技術です。

解像度も300ppiなのでコントラストが強く、まるで本物の本を読んでいるような感覚です。

 

 

カメレオン

Kindleは目に優しいのでスマホやタブレットで読むよりおすすめです。

 

Kindle4つのモデル

Kindleには4つのモデルがあります。

  • Kindle−ベーシックモデル
  • Kindle Paperwhite−1番人気のモデル
  • Kindle Oasis−多機能モデル
  • Kindle キッズモデル

基本的な部分は同じですが、この4つのモデルには少しずつ違った魅力があります。簡単に解説しますので、購入時の参考にしていただけたら嬉しいです。

 

Kindle

Kindleは1番ベーシックなモデルです。価格が¥8,980〜とお手頃価格なのが特徴です。Kindle Paperwhiteと比較すると防水機能が無かったり、無料4G機能が無かったりします。ですが価格が比較的低いので、wifi環境があってとにかくKindleを試してみたい方にはおすすめのモデルです。

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhiteは1番人気のあるモデルです。Kindleよりも解像度がアップしていて、防水機能が付いていたり無料4Gが搭載していたりKindleより少しハイスペック。価格も¥13,980と高すぎずいい感じです。

私もこのモデルを使用しています。スマホで読むより目が疲れないし便利機能が豊富ですごく気に入ってます。

 

Kindle Oasis

Kindle Paperwhiteに色調調節ライト/明るさ自動調整機能/人間工学的デザイン/自動画面回転機能/ページ送りボタンがプラスされていて、言わばKindleの最上位機種です。しかし価格が¥29,980〜と少し電子書籍リーダーとしては高い設定になっています。読書にさらなる快適さを求める方にはおすすめのモデルです。

 

Kindle キッズモデル

Kindle キッズモデルは1,000冊以上の子ども向けの本が1年間読み放題です。読書のためだけのデバイスなので安心して子供に渡せますし2年間の補償付きなので壊れても無料で取り替えてくれます。無料体験、使い放題期間の終了後は、月額980円またはAmazonプライム会員は月額480円で引き続きコンテンツをご利用できます。

仕様比較

 

機種 Kindle Kindle Paperwhite Kindle Oasis Kindle キッズモデル
価格 ¥8,980 〜 ¥13,980 〜 ¥29,980 〜 ¥10,980 〜
容量 8G 8G/32G 8G/32G 8G
解像度 167ppi 300ppi 300ppi 167ppi
防水機能 × ×
無料4G × ×

 

Kindle Unlimited−読み放題

Kindle Unlimitedとは

  • 月額980円で200万冊以上が読み放題
  • 小説、ビジネス書、マンガ、雑誌、洋書と幅広いジャンルが楽しめる
  • スマホ、タブレット、PCでも利用可能
  • 読書好きにはたまらないサービスです。

月額980円で利用できるので本1冊読むだけであっと言う間に元がとれます。

仮に本1冊の価格が¥1,500だとすると

  • 月1冊読むと520円お得
  • 月2冊読むと2020円お得
  • 月3冊読むと3520円お得
  • 月4冊読むと5020円お得

読書家の方にとってはこの上ないプランですね。

何冊読んでも月額980円なので読めば読むほどお得です。

 

まとめ

KindleとはAmazonが提供する電子書籍関連サービスのこと。そして電子書籍専用リーダー『Kindle』の名称でもあります。

  • Kindleは、いつでもどこでも電子書籍が買える
  • 快適に読書をするための機能を詰め込んだスーパーデバイス
  • フロントライトとe-inkスクリーン搭載で長時間読んでも目が疲れにくい
  • KindleUnlimitedで読み放題

読書好きにはもってこいのデバイスです。

ほんとに目が疲れにくくて愛用しています。

 

以上Amazon電子書籍リーダーKindleの便利機能とおすすめポイントについて解説しました。

購入を考えている方の参考になれば嬉しいです。

カメレオン

ではまたっ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA